2013年03月21日

【らく5】京町家は機能的に考え抜かれた & 驚愕!畳を知らない!?

今週は毎月第3週目に登場!
NPO法人『京町家・風の会』代表理事、井上信行さんをお迎えしました。

1.26b.jpg

京町家に関する様々なお話しを伺っています。

今月は「京町家の魅力」について。
3月、4月は移動が多く、井上さんもお忙しい時期です。
春を機に転勤や引越しの一方で新たに京都に来られる方も大勢いらっしゃいます。

京都は特に学生の街とも言われます。
この春に来られる学生さんの中には「京町家に住みたい!」という方も。
一軒家のため一人で住む方は稀ですが、現在の主流派はルームシェア。
何人かで住めば一人当たりの家賃は安くなります。

なぜ学生は京町家のシェアを選ぶのでしょうか?

放送では…
学生から見た京町家の魅力。
一方で井上さんが語る、京町家の魅力の中でも“生活面の魅力”について。

機能的であり、京都の歴史で培われた結晶。
“衣食住”が一つに考え抜かれた結果だと。

詳しくは放送を♪


さらに意外なお話しも!
井上さん曰く「最近の学生さんの中には畳を知らない人がいる。」

驚愕の事実です。
畳を知らない方がいるとは。

時代の流れでしょうか?
その辺りも是非、放送で♪




NPO法人『京町家・風の会』
http://www.kyo-kaze.jp/mokuji.htm







posted by らくらくレポーター at 17:48| らくらく後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。