2013年01月24日

【らく5】同志社女子大学 新島八重研究会の研究成果!

今週は…
同志社女子大学教授 新島八重研究会のメンバー、大島 中正さん(左)と、
同志社女子大学広報課、森田 良平さん(右)をお迎えしました。

1.24b.jpg

NHK大河ドラマ「八重の桜」をご覧になっている方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。

今、注目の新島八重、そして新島襄。

同志社大学、同志社女子大学創設者として有名です。
しかしながら新島襄の研究は進んでいるも、新島八重については詳しく研究されていなかったのも事実だそうです。
そこで、同志社女子大学内に新島八重研究会を立ち上げ研究が進められました。
ゆかりの地、会津若松や京都市内、さらに新島八重とつながる安中や熊本。
特にゆかりの雛人形を訪問したことは一番の成果といってもいいのではないでしょうか。

さらに、京都市内には新島八重ゆかりの地がたくさん!
木屋町三条で出会う。
寺町丸太町上ルで住む。
現在の京都御苑内、迎賓館で女子塾を立ち上げる。
若王子に眠る。

ゆかりの地があまりにも数多くあり、その一部を大島さんに放送でお話し下さいました♪



そして、同志社女子大学で展示が行われています。

1.24c.jpg

同志社女子大学史料室第18回企画展 『新島八重と同志社女学校』

八重ゆかりのひな人形等のほか、新たに再現した八重の衣装(洋装)や、1878年に建てられた女学校最初の校舎模型を作成し展示しています。

期間:7月31日(水曜)まで
開室時間:月曜から金曜 午前10時から午後4時まで
休室日:土曜祝日、4月30日(火曜)から5月2日(木曜)まで
場所:同志社女子大学史料室 今出川キャンパスジェームズ館1階展示室



さらに、放送内でご紹介した非売品の本がコチラ!

1.27d.jpg

『同志社の母 新島八重』

同志社女子大学 新島八重研究会の研究成果をまとめた本です。
新島八重の生涯からコラム、スポットを紹介しています。


企画展や本についてのお問い合わせは…
電話:0774-65-8631
同志社女子大学広報課まで








posted by らくらくレポーター at 17:59| らくらく後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする