2013年01月10日

【らく5】“詩”とは何か? “詩学”創設を!

今週は『詩学研究室 ポエジウム』主宰、間 奈美子さんをお迎えしました。

1.10b.jpg

“詩”とは何でしょうか?
“詩性”とは何でしょうか?

これに対しての確立された学問がない!

驚きです。
この想いを20年間探された間さんが詩学研究室ポエジウムを設立されたのが昨年4月。
出町柳駅近く、アパートの一室で開設されました。
・詩とは何かの本質的な問い。
・“詩学”と呼ぶ学問の創設の提唱。

詩とは何でしょうか?
番組内で間さんは「詩とは世界観である。」
その理由を放送で詳しく語ってくださったので是非、お聴き下さい♪

子供が見る、知見に邪魔されない“幼性”の視点を大切にしたいとも。

“詩”は難しくも身近な存在です。
その詩で心に打たれ、涙します。
今、この時代だからこそ、一つの学問として確立する機運であるのかもしれません。


『詩学研究室 ポエジウム』では講座を開講しています。
@「詩学講座」
冬期講座では詩的芸術講座〜20世紀の詩的冒険論を開講。
1月12日(土曜)より毎週土曜日午後6時から午後7時30分まで全7講座。
定員:各回10人。
受講料:各回2,000円(学生1,500円)

A「創作講座」
冬期ラボラトリー、言語芸術の詩的冒険論を開講。
1月13日(日曜)より毎週日曜日午後6時から午後8時まで全7講座。
定員:各回6人。
受講料:3,000円(学生2,500円)

いずれの講座、どなたでも受講可能です。
事前申し込み制です。


『詩学研究室 ポエジウム』
http://www.poesium.info/
住所:京都市左京区田中上柳町21 鴨柳APARTMENT 2F-room14
電話:090-2737-5565
MAIL:poesium.seminar@gmail.com







posted by らくらくレポーター at 18:00| らくらく後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。