2012年12月27日

【らく5】気軽に相談して下さい!京都いのちの電話まで!

今週は社会福祉法人『京都いのちの電話』
事務局長 常務理事、平田 眞貴子さんをお迎えしました。

12.27b.jpg

いのちの電話とは…
苦悩の多い時代に生きるものが、お互いに等しくよい隣人になりたいという願いから、国境を越えて生まれたボランティア運動です。
いのちの電話は全国にセンターを持ち、京都は1982年に設立され今年で30年を迎えました。
相談体制は24時間無休、ボランティアの方が対応しています。

相談の内容は自殺やいじめ、リストラなど30年前と比較し多様化し複雑化しています。
詳しい内容は是非、放送をお聴き下さい。

一人で悩まず気軽に電話相談まで掛けてください!

相談電話 075(864)4343


また、相談員になる方は養成講座を受講し、2年間の研修を受けた人が認定を受ける必要があります。
来年は36期生を募集します。ホームページなどをご覧下さい。


『2012年度 社会福祉法人京都いのちの電話 公開講演会』

@「被災地支援活動の中から」
講演:岸野亮哉氏(浄土宗西山禅林寺派専修寺副住職)
日時:1月27日(日曜)午後2時から午後4時まで

A「教育の現場から」
講演:高木総平氏(京都いのちの電話研修委員、同志社女子大学講師)
日時:2月24日(日曜)午後2時から午後4時まで

B「介護、福祉の立場から」
講演:福辺節子氏(理学療法士)
日時:3月31日(日曜)午後2時から午後4時まで

いずれも場所はメルパルクKYOTO。
入場料は各1,000円。

お問い合わせ
京都いのちの電話事務局
http://kyoto-lifeline.com/
電話:075-864-1133 (平日9:30〜18:30)
FAX:075-864-1134





よい年をお過ごし下さい☆


posted by らくらくレポーター at 18:15| らくらく後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。