2012年11月22日

【らく5】町家を伝えるための“公的支援”と“民間支援”

今週は第4週目に登場!
毎月お迎えしているNPO法人『京町家・風の会』代表理事、井上信行さんをお迎えしました。

1.26b.jpg

京町家に関する様々なお話しを伺っています。

今月のテーマは「京町家を維持する上での支援について」

支援の方法に関して

 ・公的支援
 ・民間支援

二つが挙げられます。

京都市が今年度より助成を始めた制度。
上半期で当初の予算額を使い切ったため、補正予算で組むほどの人気です。
耐震診断は5,000円。
リフォームなどでは最大120万円が助成されます。

さらに金融機関による民間支援では京都の金融機関の一つが、町家を購入とリフォームに町家を証明する書類があれば低利率による融資を行っています。

いずれも京都の町並みを維持、伝えていこうとの想い。
さらに、耐震化や防災強化の一面もあります。

しかしながら、まだまだ助成対象ではない一面もあるそうです。

 「木を見て森を見ず」

そのような状態であるようにやや考えます。
京都の伝統文化風俗を日本各地に世界各地に発信できる強力な体制作りをスピード感を持って取り組んでほしいですね。



☆☆お知らせ☆☆

NPO法人『京町家・風の会』
第50回例会「実は私も町家に住んでました〜俵 越山が語る町家の魅力〜」

出演:書動家・俵 越山 、中川典子(NPO法人京町家・風の会理事)
日時:12月2日(日曜)午後2時から午後4時まで
場所:NPO法人京町家・風の会事務局
    京都市上京区葭屋町通椹木町下ル直家町213
    市バス「堀川丸太町」徒歩すぐ
会費:会員3,000円、非会員3,500円、子供・学生・職人の卵さん2,500円

申込み:http://www.kyo-kaze.jp/mailsanka.htmまたはFAX:075-841-8089
※FAXの方は1.氏名(ふりがな)、2.会員/非会員、3.連絡用電話番号、4.住所

11月30日(金曜)正午まで受け付けています。

http://blog.goo.ne.jp/kyo-kaze/e/22d556e0f11d1e41affc5aa8f4a1265b


是非、皆さんのお越しをお待ちしています。


NPO法人『京町家・風の会』
http://www.kyo-kaze.jp/mokuji.htm






posted by らくらくレポーター at 17:49| らくらく後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。