2012年11月08日

【らく5】まもなく!学生製作映画の祭典『第15回京都国際学生映画祭』

今週は『第15回京都国際学生映画祭』
実行委員会、川嶋 かえさん(中央)
三谷 侑平さん(右)
渡辺 詩央さん(左)をお迎えしました。

11. 8b.jpg

いよいよ来週末に迫りました!

11月17日(土曜)から23日(祝日)まで開かれる『第15回京都国際学生映画祭』

京都国際学生映画祭では国内外の学生が製作した映画、映像作品を上映します。
今年は国内海外から362作品が出品されました。
一次審査、二次審査を通過した19作品が期間中に上映されます。
最終審査では専門家を交えグランプリ作品が23日に決定します。

今年は15回目であり広報に力を注ぎ、さらに出品料を無料に変更したので昨年より100作品ほど出品が増加しました。
広報として各大学でのポスター掲示。
さらに過去、出品された方を通じて広報した結果の嬉しい出品数となりました。


一次審査、二次審査では実行委員会の学生メンバーが審査しました。
審査はそれぞれの基準で選考されました。

その基準や苦労などを三人の方に伺っています。
是非、放送をお聴き下さい♪


期間中、コンペティション企画の他に特別企画や連携企画なども予定しています。
詳しくはホームページをご覧下さい☆

『第15回京都国際学生映画祭』
期間:11月17日(土曜)から23日(金曜祝日)まで
上映開始時間:@午後4時から A午後6時45分から
会場:京都シネマ(COCON烏丸3階)

入場料:1プログラム券500円。フリーパス1,400円。


サイト
http://www.kisfvf.com/



是非、皆さんのお越しをお待ちしています!









posted by らくらくレポーター at 17:43| らくらく後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。