2012年10月25日

【らく5】薬物依存から必ず回復を!『京都DARC』の活動とは!?

今週はNPO法人『京都DARC(ダルク)』
スタッフ、佐藤 典子さんをお迎えしました。

10.25d.jpg

DARCとはDrug Addiction Rehabilitation Center
毎日グループミーティングを行いながら、薬物依存症から回復したいと望む仲間の集まる場所です。

目的は薬物をやめたい仲間の手助けをすることだけです。どんな薬物依存者でも、プログラムに従って徹底的にやれば必ず回復できるという希望のメッセージです。

薬物依存と言っても大麻や覚せい剤から投薬による依存など多種に及びます。
つまり病気であり、完治を目指す治療を乗り切るには様々なサポートが必要となります。

2003に開設された『京都ダルク』
経験者がスタッフとして関わっていることから苦しみや楽しみを共有できるサポート体制を敷いています。


詳しい活動内容などはスタッフ、佐藤さんが詳しく語っていただきましたので是非、放送を聴いて確認してください♪


一般的な理解が進んだといえども、まだまだ偏見や誤解がある薬物依存。
本人はもちろん家族のサポートや環境整備も重要だとのことです。
我々の理解を深めると同時に京都DARCのサポートから各施設、行政のサポートと充実させることも急務であるとも言えるでしょう。


『京都DARC』

京都市伏見区深草西浦町6-1-2 サンリッチ西浦1階
電話:075-645-7105
http://www.yo.rim.or.jp/~kyo-darc/








posted by らくらくレポーター at 18:16| らくらく後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする