2012年10月18日

【らく5】そもそも町家って何?

今週は毎月第3週目に登場!
NPO法人『京町家・風の会』代表理事、井上信行さんをお迎えしました。

1.26b.jpg

京町家に関する様々なお話しを伺っています。

今月のテーマは「京町家を活かし残していく」

そもそも町家の基準とは何でしょうか?
定義は昭和25年以前の木造建築を指します。
現代に通じる建築基準法が制定されたのが昭和25年。

詳しくは井上さんのお話しを放送でお聴き下さい♪

京都市内の町家は全国的に比較しても飛びぬけて多く、
上京区や中京区、下京区など中心部から南区、伏見区など含めて約4万7千軒。
幸いさほど戦禍に巻き込まれず、貴重な風景とも言えます。

町家のなかで、我々が使う「京町家」の定義は何でしょうか?

コチラは井上さんの独自理論を放送で紹介くださいました♪

なるほど!と唸るお話しです。


さて、京町家を活かし残していくためにこの番組で何度も指摘している法律の矛盾点。
今年から京都市では京町家の耐震化や防火強化に簡単に申請できる助成制度が始まりました。
上半期で当初予定していた予算額を上回り補正するなどの話しが聞かれました。
どの部分にいくらと助成額が決まっており、理解のしやすさも申請が増えている要因です。

この風景を守り伝えていく。
まずは京町家を知ることです。


そのイベントが12月に行われます!


☆☆お知らせ☆☆

NPO法人『京町家・風の会』
第50回例会「実は私も町家に住んでました〜俵 越山が語る町家の魅力〜」

出演:書動家・俵 越山 、中川典子(NPO法人京町家・風の会理事)
日時:12月2日(日曜)午後2時から午後4時まで
場所:NPO法人京町家・風の会事務局
    京都市上京区葭屋町通椹木町下ル直家町213
    市バス「堀川丸太町」徒歩すぐ
会費:会員3,000円、非会員3,500円、子供・学生・職人の卵さん2,500円

申込み:http://www.kyo-kaze.jp/mailsanka.htmまたはFAX:075-841-8089
※FAXの方は1.氏名(ふりがな)、2.会員/非会員、3.連絡用電話番号、4.住所

11月30日(金曜)正午まで受け付けています。

http://blog.goo.ne.jp/kyo-kaze/e/22d556e0f11d1e41affc5aa8f4a1265b


是非、皆さんのお越しをお待ちしています。


NPO法人『京町家・風の会』
http://www.kyo-kaze.jp/mokuji.htm








posted by らくらくレポーター at 18:16| らくらく後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする