2012年05月24日

【らく5】まだまだ!!! 『東北のてしごと展 〜買う支援・知る支援〜』

今週は『ふんばろう東日本支援プロジェクト』
京都支部代表、網師本知余香さんをお迎えしました。

5.27b.jpg

2011年3月11日に発生した東日本大震災。
被災地の復興、復旧はまだ現在も続いています。

その被災地支援のボランティア組織として発生直後の4月1日に発足したのが『ふんばろう東日本支援プロジェクト』です。
代表の早稲田大学大学院専任講師、西條剛央氏が宮城県南三陸町に入り、被害の大きさや支援物資不足を目の当たりにしボランティアで支援することから始まりました。

このプロジェクトの特徴が…
「Facebook」や「Twitter」により情報を共有、拡大している点です。

現地に足を運び、何がこの家では足りないのか?
次の家では何が足りないのか?
何が必要なのか?

生の情報を「Facebook」や「Twitter」により迅速に伝え、すぐに支援することが可能になったそうです。
被災された方と応援する方の間を少なくすることで実現したより早く、より的確に支援できる体制を構築、活動されてきました。


現在『ふんばろう東日本支援プロジェクト 京都支部』は後方支援を行いながら、「雇用創出プロジェクト」や「漁師さんにサンドバッグを贈ろう!」「おいでませ京都」プロジェクト」など独自の支援プロジェクトを行っています。
放送でご紹介した「鍋つかみ」を始め27日(日曜)まで『東北のしごと展〜買う支援・知る支援』が行われています。

5.24c.jpg

『東北のしごと展〜買う支援・知る支援』
日時:5月27日(日曜)まで 午前11時から午後7時(最終日は午後5時まで)
場所:くらふと・ギャラリー 集(御池堺町下ル)



被災された方には今、収入が必要です。
その支援として京都から出来ることは買うこと&知ること。
普通の生活が一日も早く訪れることを祈るために、我々は忘れないことも必要です。


『ふんばろう東日本支援プロジェクト』
http://fumbaro.org/
『ふんばろう東日本支援プロジェクト 京都支部』
http://kyoto.fumbaro.org/







☆☆番組からのお知らせ☆☆

『平成24年 とねりこ落語会』
日時:5月27日(日曜) 午後1時から午後2時30分頃まで
会場:まちの縁側「とねりこの家」(新町一条西入ル北側、上京税務署向かい)
茶菓代:500円

出演:笑福亭晃瓶、笑福亭恭瓶

茶話会を午後3時頃まで行います。



是非、皆さんのお越しをお待ちしています。


posted by らくらくレポーター at 18:17| らくらく後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする