2012年03月29日

【らく5】大人も大切に“こども心”

今週はNPO法人『こどもアート』代表、加藤ゆみさんをお迎えしました。

3.29b.jpg

2010年7月に設立されたNPO法人『こどもアート』
代表の加藤ゆみさんが“こども心”を守り広めたい考えからスタートしました。

こどもの健やかな成長から親と子の交流、さらには大人が子供頃を思い出しバカ騒ぎできる環境作りと活動されています。

大人がバカ騒ぎ!と、なればお酒でついつい…と創造しがちです。
それももちろんですが、子供と遊ぶことで“こども心”を取り戻したり、子供の遊ぶ姿を見て“こども心”を理解したり。
もちろん大人同士でも自然をめでることなど、気持ちに余裕を持つことこそが“こども心”であると提言されています。


東日本大震災被災地でも“こども心”は重要な意味を持ちます。

気持ちに余裕があることで得られる幸福感。
大人にも子供にも必要とされる心の持ち方。

そこで加藤さんは夏休みにNPO法人『たんご村』が催す「福島たんごキャンプ」の宣伝を担当しておられます。
東日本大震災の被災者でもある福島の小学生を夏休み期間中に受け入れ、豊かな心身を育もうとする取り組みです。
最大30日間受け入れ、200人を予定しています。
「福島たんごキャンプ」は壮大な計画のため、皆さんの助けがなければ成功しません。
是非、ボランティアやサポートオーナーのご協力下さい。

詳しくは…
NPO法人『たんご村』
http://tango.moo.jp/m/npo/

「福島たんごキャンプ」
http://tango.moo.jp/m/camp/index.html

をご覧下さい♪

また、NPO法人『こどもアート』のイベント案内や仲間募集もサイトをご確認下さい♪


NPO法人『こどもアート』
http://asonabi.com/









posted by らくらくレポーター at 17:58| らくらく後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする