2011年09月08日

【らく5】京都市動物愛護センター構想に意見求ム

今週は京都市保健福祉局保健衛生推進室保健医療課、獣医師の河野 誠さんと、
愛犬ラジオ♪パーソナリティー、ドッグアドバイザー・飼い主カウンセリングの大國智子さんをお迎えしました。

9. 8b.jpg

9月20日から26日までは動物愛護週間です。
今回は京都市動物愛護センター(仮称)構想に関してお話しを伺いしました。

現在のペット収容、殺処分などを行っているのは南区上鳥羽・京都市家庭動物相談所です。
昭和54年に建てられ老朽化とスペースの拡大が喫緊の課題となっています。

そこで、京都市では新たに市動物愛護センター(仮称)構想を掲げ、意見募集を募っています。

新たな構想としては…

・動物を通じて命の大切を感じる場
・人と動物の正しい関わり方を学ぶ場
・人づくり、環境づくりを通じて、人と動物の共生を推進する場

です。
なんといっても…


殺処分をゼロにすること!


ペットの正しい飼い方はもちろん、受け入れたペットに関して譲渡を行うなど動物の命を人の手で守ることが一番です。
ペットを飼う方がここ最近増えています。
ただ、マナーなどが乱れていることは確かです。

一人一人が“命”を預かっていることを今一度、確認することが必要です。

また、放送では河野さんと大國さんが現状や現在のペット対策、今後についてもお話しくださいました♪



動物愛護センター構想について、みなさんのご意見を京都市では募集しています。

9. 8c.jpg

募集期間:9月30日まで
提出方法:ハガキ、ファックス、電子メール
意見募集用冊子の配布場所:京都市動物園,動物取扱業施設,(社)京都市獣医師会会員動物病院,市立図書館,各区役所・支所,各保健センター等

送付先と問い合わせ先は…
電話:075-222-3429
〒604-8571 京都市保健福祉局保健医療課動物愛護担当まで
E-mail:hokeniryou@city.kyoto.jp


賛成、反対や一言でも構いません。
是非、みなさんのご意見をお待ちしています☆




posted by らくらくレポーター at 18:06| らくらく後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする