2011年08月04日

【らく5】西陣・町ミュージアム構想とは?〜そのA

今週は先週に続いて『西陣・町ミュージアム構想検討委員会』のお話しです。
NPO法人『京・ものづくり塾』理事長・松下 嵩さん
NPO法人『京・ものづくり塾』事務局長代行、商栄企業組合事務局長・佐伯重雄さんをお迎えしました。

8. 4c.jpg

先週は西陣地域の戦後から現状までの変遷、さらに松下さん自身お仕事で関わってこられた西陣の肌で感じるお話しを伺いました。

今週は西陣・町ミュージアム構想の同志、佐伯重雄さんとともにどのような構想なのか具体的に伺いしました。

松下さんは西陣・町ミュージアム構想で重要視している「3つのポイント」を挙げてくださいました。

さらに、佐伯さんは西陣地域が持つ伝統産業の力を活かすうえで今日に流れる時代で「和の回帰」を挙げてくださいました。


それぞれ“3つのポイント”と“和の回帰”について詳しくは放送をお聴きください♪



西陣では企業の再生が非常に重要な項目です。

後継者不足や集客をいかに工夫するのか?

それぞれの箇所での西陣から、横の連携を強くすることでより大きく深い西陣へと参集する時を迎えています。


新たなステージへと望む『西陣・町ミュージアム構想』


今後の西陣、注目です!








posted by らくらくレポーター at 17:45| らくらく後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする