2011年07月07日

【らく5】全国の図書館蔵書検索『カーリル』って?

今週は「劾ota 開発マネージャー」吉本 龍司さんをお迎えしました。
  ※電話でのご出演です。


図書館を最近、利用していますか?

例えば京都市内で市立では中央、右京中央、伏見中央、醍醐中央、北、左京、岩倉、東山、山科、下京、南、吉祥院、久世ふれあいセンター、西京、洛西、向島、醍醐、久我のもり、こどもみらい館子育て、深草。
さらに、京都府立図書館。そして市内各大学にも図書館があり、私設図書館も含めると…

市内には想像以上に数多くの図書館があります。


一方で新聞・雑誌、本を読まない活字離れが若い世代を中心に叫ばれています。


最近の図書館はどのような状況なのでしょう。

さらに数多くの図書館は個々に独立し、目当ての本はそれぞれの図書館に行かなければなりません。

そこで、劾otaでは図書館に所蔵されている本をネットワークで網羅して検索できるサイト『カーリル』を作られました。
現在は全国の約7割とされる約5,700館以上の図書館・図書室に対応しています。

本屋さんで見当たらない専門書も図書館であればバッチリ!
一昔前の本を借りたい!

それぞれの用途に自宅のパソコンでアクセスして図書館に行く!


新たなスタイルとして確立されそうです。



全国図書館蔵書検索サイト『カーリル』のイベントが行われます。

『町家で京都の図書館を考えるサミット』withカーリル

日時:7月9日(土曜) 午後3時30分から
場所:京都リサーチパーク町家スタジオ (堀川中立売西入1筋目を北へ)

全国にインターネット中継を実施し、図書館や本、地域をテーマに話しを進める予定です。

詳しくは…
http://calil.jp/


是非、お越し下さい☆







posted by らくらくレポーター at 18:21| らくらく後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする