2011年06月02日

【らく5】折り紙で子どもをさらに笑顔を!

今週は『日本折紙協会京都支部』支部長、山下 明さんをお迎えしました。

6. 2b.jpg

2009年4月第4週以来、2度目のご登場です。

今回は、山下さんが先週末訪れた東日本大震災被災地の一つ・宮城県気仙沼市へボランティア活動に向かわれたお話しを伺いました。

山下さんと言えば!


『折り紙』


5月28日午前中、気仙沼市立松岩小学校の学童保育所にて折紙教室を開かれました。

児童10人程を前に繰り広げられる折紙ワールド。

簡単と感じる作品から、感嘆が広がる作品まで!

日本の心!折紙でさらに笑顔が広がった折紙教室の詳しい模様は放送を♪


さらに、東日本大震災から約80日の気仙沼市の現状も報告くださいました。

街の様子や山下さんが感じた問題点、さらにはボランティアの現状までも。

一日も早い被災地の復旧・復興は助け合いの精神の下、前進しています。








posted by らくらくレポーター at 17:48| らくらく後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。