2011年05月12日

【らく5】“えこ・ろじっくばんど”って?

今週は『えこ・ろじっくばんど』の皆さんをお迎えしました。

(左から)
代表、甲良里栄子さん
重松悦子さん
松本逸子さん
西村和代さんです。

5.13c.jpg

『えこ・ろじっくばんど』とは「環境・ひと・くらし」をテーマに1999年から活動しているNPO団体です。

「食の安全」を求めて知り合った今日登場されたコアメンバーで活動が進んでいます。

活動は…
・出前学習会
・講演会の開催
・映画上映会の企画
・見学会の実施
・ニュースレターの発行

などなどです。


その中で「エコそうじ」展開中です。

皆さんが使っている洗剤は石鹸ですか?合成洗剤ですか?

先人の知恵、伝統は自然に出来た石鹸を掃除に用いていました。
もともと石鹸は紀元前3,000年頃・ローマ時代に生贄の羊を焼いて、その滴り落ちた脂と木炭が混じり合い自然に出来たものです。
(えこ・ろじっくばんど・石けんでやろう!大掃除より)

自分の周りを綺麗に行っているつもりが、地球全体では悪化されている事実!

今一度「エコそうじ」から見直して地球全体の環境を保全しようと取り組んでおられます。

学生と「エコそうじ」をする中で


「えぇぇぇーーーっ!!!!」


と、感じたコトもあったそうです。

その内容は是非、放送でチェックして下さい♪



☆☆お知らせ☆☆

6月25日(土曜)京町家 さいりん館 室町二条にてカッパ研究会が主催する水フォーラムに参加されます。




posted by らくらくレポーター at 18:19| らくらく後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする