2011年04月28日

【らく5】岩手県人会と宮城県人会、故郷を想う

【今週のらくらく5は「京都三条ラジオカフェ 東日本大震災支援特別番組」として放送しました】

今週は岩手県人会と宮城県人会の皆さんをお迎えしました。

岩手県人会副会長・佐藤耕吉さん(右)
幹事・阿部 孝さん(左)
4.27d.jpg


宮城県人会会長・小野寺 剛さん(左)
副会長・高橋 守さん(右)
4.27c.jpg


東日本大震災から一ヶ月半が経ちました。
被災地には復旧、復興活動が徐々に進んでいます。
一方で、報道によると避難所生活の長期化や仮設住宅の問題などなど様々山積しています。

岩手県や宮城県出身の方で構成されている県人会。
皆さんは、故郷より長く京都に住んでおられます。

しかしながら、故郷を想う気持ち。

生まれ育った場所への望郷の念は強まるばかりです。


そして、発生した東日本大震災。
岩手県人会、宮城県人会としての故郷へのサポート体制について伺いました。

物資についてはもちろん、被災地へのサポートへは何よりも義捐金。
自分のこととして想う気持ちは今、日本全国から全世界へと伝わっています。

復興へは長い道のりが予想されます。
持続性ある支援を今後とも見守り続けていきましょう!



☆☆番組のお知らせ☆☆

岩手県人会と宮城県人会の皆さんによる故郷へのメッセージ番組が放送されます。

『ふるさとへのメッセージ』

放送日時:5月4日(水曜)午後10時から 京都三条ラジオカフェ79.7MHzにて







posted by らくらくレポーター at 17:43| らくらく後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。