2011年03月10日

【らく5】子供店員による“子ども百貨店”

今週は『田舎で働き隊』麻井圭子さんと伊藤和久子さんに電話でインタビューしました。

京都府北部・京丹後市常吉で先週末(3月5日)、常吉村営百貨店で「子ども百貨店」が開催されました。
その模様についてお聴きしました♪

a.jpg

常吉村営百貨店は旧大宮町常吉に旧村単位で置かれていた大宮町農協が廃止撤退した跡地にオープンした地域コミュニティー機能や生活必需品を備えた「百貨店」です。

集落には商店が一軒も無く、地域全体で盛り上げようと出資者34人で設立されました。


常日頃は地域の方が集まり憩いの場として賑やかな場所です。

そこにお子さんを集めて何か出来ないか?何か交流が生まれないか?と思案された結果…


「子ども百貨店」


が、企画されました。
子どもが店員を行い、仕入れ・品だし・販売など全てを行いました。

子ども店員は幼稚園児から小学生と17人!

その時の活躍などをお聴きしています♪

是非、放送をチェックして下さい☆



常吉村営百貨店や子ども百貨店の模様はこちらもご参考ください!

常吉村 農あるくらし体験
http://tsuneyoshi.tango.gr.jp/

常吉みんなのブログ
http://replan.blog76.fc2.com/






posted by らくらくレポーター at 18:11| らくらく後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする