2012年11月29日

【らく5】続!京都市も後援・福島第一原発で警戒区域に『のこされた動物たち』真実とは

今週は京都市保健医療課動物愛護担当、獣医師・河野 誠さん(左)と、
『残された動物たち報告会実行委員会』代表、河嶌のぞみさん(右)をお迎えしました。

11.29e.jpg

今年5月に開催された『「のこされた動物たち」〜福島第一原発20q圏内 写真と映像で語る真実〜』
再び12月1日(土曜)に法然院でイベントが行われます。

11.29d.jpg

『「のこされた動物たち」〜命を考える 報告会〜』
日時:12月1日(土曜)午後6時から
場所:法然院
報告者:
フリーカメラマン・太田康介氏
「福島原発20キロ圏内 犬・猫救出プロジェクト」代表・大網直子氏
APF通信社・中島徹氏
参加費:500円

お問い合わせ
メールアドレス:espero3.11@gmail.com
電話:090-6675-1849




東日本大震災から1年9ヶ月が経ちました。
福島第一原発から20キロ圏内は引き続き警戒区域に指定されています。
その区域では飼い主とともに避難することが出来なかったペットが多く生きています。


今の警戒区域は?


ペットを飼っている人は多くいます。
ペットは家族の一員との声も多く聞こえます。

いざ、災害が発生したら?
ペットとともに逃げる準備は出来ていますか?
ペットの餌の常備や仕付けは出来ていますか?

日常に出来ること、考えるきっかけとして是非!イベントに参加下さい。


さらに、今回から京都市が後援に加わりました。
「のこされた動物」の主旨に河野さんが感銘を受け、京都市として応援したい、市民の皆さんもっと知ってほしい想いで実現しました。
動物愛護の観点から、まず知ること。
さらに京都市もいつ災害に見舞われるかはわかりません。
災害を意識すること、ペットと同行避難等々、課題は多くあります。

その想いを河野さん、河嶌さんに多くお話し下さいました♪
是非、放送をお聴きください。

そして、12月1日(土曜)『「のこされた動物たち」〜命を考える 報告会〜』に皆さんのご参加お待ちしています。









posted by らくらくレポーター at 18:08| らくらく後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月22日

【らく5】町家を伝えるための“公的支援”と“民間支援”

今週は第4週目に登場!
毎月お迎えしているNPO法人『京町家・風の会』代表理事、井上信行さんをお迎えしました。

1.26b.jpg

京町家に関する様々なお話しを伺っています。

今月のテーマは「京町家を維持する上での支援について」

支援の方法に関して

 ・公的支援
 ・民間支援

二つが挙げられます。

京都市が今年度より助成を始めた制度。
上半期で当初の予算額を使い切ったため、補正予算で組むほどの人気です。
耐震診断は5,000円。
リフォームなどでは最大120万円が助成されます。

さらに金融機関による民間支援では京都の金融機関の一つが、町家を購入とリフォームに町家を証明する書類があれば低利率による融資を行っています。

いずれも京都の町並みを維持、伝えていこうとの想い。
さらに、耐震化や防災強化の一面もあります。

しかしながら、まだまだ助成対象ではない一面もあるそうです。

 「木を見て森を見ず」

そのような状態であるようにやや考えます。
京都の伝統文化風俗を日本各地に世界各地に発信できる強力な体制作りをスピード感を持って取り組んでほしいですね。



☆☆お知らせ☆☆

NPO法人『京町家・風の会』
第50回例会「実は私も町家に住んでました〜俵 越山が語る町家の魅力〜」

出演:書動家・俵 越山 、中川典子(NPO法人京町家・風の会理事)
日時:12月2日(日曜)午後2時から午後4時まで
場所:NPO法人京町家・風の会事務局
    京都市上京区葭屋町通椹木町下ル直家町213
    市バス「堀川丸太町」徒歩すぐ
会費:会員3,000円、非会員3,500円、子供・学生・職人の卵さん2,500円

申込み:http://www.kyo-kaze.jp/mailsanka.htmまたはFAX:075-841-8089
※FAXの方は1.氏名(ふりがな)、2.会員/非会員、3.連絡用電話番号、4.住所

11月30日(金曜)正午まで受け付けています。

http://blog.goo.ne.jp/kyo-kaze/e/22d556e0f11d1e41affc5aa8f4a1265b


是非、皆さんのお越しをお待ちしています。


NPO法人『京町家・風の会』
http://www.kyo-kaze.jp/mokuji.htm




posted by らくらくレポーター at 17:49| らくらく後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月15日

【らく5】着物で集おう!『きもの文化祭』開催!

今週は『きもの文化祭』実行委員長、長田 真道さん(右)
『ふんばろう東日本支援プロジェクト』京都支部代表、網師本 知余香さん(左)をお迎えしました。

11.15b.jpg


11月18日(日曜)、元・立誠小学校で行われる『きもの文化祭』

11.15c.jpg

初回は新風館に次いで、2回目のきもの文化祭。
文化祭は学校のイメージが強いことから元・立誠小学校で行われることになりました。

きもの文化祭では…
・キモノクロック大撮影会
・きものパフォーマンス
・きもの学び舎&ワークショップ
・きものでフリマ
・女学生カフェ
・作品展示 染織自彊展
・スタンプラリー −アンケートに答えてプレゼントをもらおう!−

パフォーマンスでは京小町踊り子隊による演舞やだるま商店ライブペイント、大道芸など盛りだくさん。
詳しい内容に関しては実行委員長、長田さんにお話しくださいました♪

また、網師本さんは当日、パフォーマンスでの司会を担当と同時にプロジェクトの発信も同時に行われます。
『ふんばろう東日本支援プロジェクト』では…
家庭に眠っている綺麗な着物生地や着物を被災地に寄付します。
みなさんからの眠っている着物生地の寄付をお待ちしています。


紅葉が美しくなっているであろう今週末日曜日。
高瀬川沿いの元・立誠小学校に晴れやかで鮮やかな着物姿の方々が集う『きもの文化祭』。
着物を着て参加、着物を持っていない方でも体験などで自由に参加できます。

是非、皆さんのお越しをお待ちしています!

『きもの文化祭』
日時:11月18日(日曜)午前10時から午後6時まで
場所:元・立誠小学校(木屋町蛸薬師)

入場無料

『きもの文化祭』特設ページ
http://www.wasou.or.jp/kyogikai/?page_id=237


『きもの文化祭』主催、京都染織青年団体協議会
http://www.wasou.or.jp/kyogikai/

『ふんばろう東日本支援プロジェクト京都支部』
http://kyoto.fumbaro.org/



posted by らくらくレポーター at 17:44| らくらく後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月08日

【らく5】まもなく!学生製作映画の祭典『第15回京都国際学生映画祭』

今週は『第15回京都国際学生映画祭』
実行委員会、川嶋 かえさん(中央)
三谷 侑平さん(右)
渡辺 詩央さん(左)をお迎えしました。

11. 8b.jpg

いよいよ来週末に迫りました!

11月17日(土曜)から23日(祝日)まで開かれる『第15回京都国際学生映画祭』

京都国際学生映画祭では国内外の学生が製作した映画、映像作品を上映します。
今年は国内海外から362作品が出品されました。
一次審査、二次審査を通過した19作品が期間中に上映されます。
最終審査では専門家を交えグランプリ作品が23日に決定します。

今年は15回目であり広報に力を注ぎ、さらに出品料を無料に変更したので昨年より100作品ほど出品が増加しました。
広報として各大学でのポスター掲示。
さらに過去、出品された方を通じて広報した結果の嬉しい出品数となりました。


一次審査、二次審査では実行委員会の学生メンバーが審査しました。
審査はそれぞれの基準で選考されました。

その基準や苦労などを三人の方に伺っています。
是非、放送をお聴き下さい♪


期間中、コンペティション企画の他に特別企画や連携企画なども予定しています。
詳しくはホームページをご覧下さい☆

『第15回京都国際学生映画祭』
期間:11月17日(土曜)から23日(金曜祝日)まで
上映開始時間:@午後4時から A午後6時45分から
会場:京都シネマ(COCON烏丸3階)

入場料:1プログラム券500円。フリーパス1,400円。


サイト
http://www.kisfvf.com/



是非、皆さんのお越しをお待ちしています!







posted by らくらくレポーター at 17:43| らくらく後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月01日

【らく5】安心できる介護保障を目指して! 現状の制度は?現場は?

今週は
全国福祉保育労働組合京都地方本部副執行委員長、西浦 哲さん(左)と
ヘルパー、浦野 喜代美さん(右)をお迎えしました。

11. 1c.jpg

11月4日(日曜)に開かれる『京都介護ウェーブ2012』

「安心できる介護保障をめざして介護保険見直しで、現場はいま」

をテーマに掲げてイベントが行われます。
記念講演では「孤独死から見えてくる介護保険の実態」
他に実態と要求のリレートークでは介護労働者やヘルパー、家族、保険料、地域包括センター、介護事業者のそれぞれの立場からお話しがあります。
最後には二条駅までパレードが行われ、介護の現場の実情などを訴えます。


今回、西浦さんと浦野さんには現状の介護保険制度や介護現場についてお話しいただきました。
今年4月に大幅に変更された介護保険制度。
キーワードは在宅介護。
しかしながらヘルパーさんが在宅訪問で介護を行う現場は、4月以降大幅に変更が迫られ機械的な対応に陥ってしまう恐れがあると。

介護保険制度の理念とは?
介護保険制度のあり方とは?

高齢化が進む日本において介護はますます重要度が高くなります。
より良い介護を維持、発展させるためにどのように我々は考えなければならないのか。
是非、放送をお聴き頂き、イベントに参加して考えてみてはいかがでしょうか☆

『京都介護ウェーブ2012』
日時:11月4日(日曜)午後1時30分から午後4時30分まで
場所:京都アスニー 第8研修室

入場無料

『第13回ホームヘルパーのつどいim京都2012』
日時:11月18日(日曜)午前9時30分から午後4時30分まで
場所:キャンパスプラザ京都
参加費:2,000円(資料代含)
弁当:600円(事前予約要)

◎日程
午前は全体会(4階第2講義室)
午後は5つの分科会、1つの実技講座(2階と5階)

◎問い合わせ
第13回ホームヘルパーのづどいim京都実行委員会まで
電話:075-813-2028
FAX:075-813-2048
E-mail:kyoto-hyuman.u@labor.or.jp





posted by らくらくレポーター at 17:49| らくらく後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。