2012年08月30日

【らく5】地元のことなら聞いて! 『ask me! 京都』

今週は『市民空間きょうと』
代表、山田 章博さんをお迎えしました。

8.30b.jpg

この度、京都に暮らすあなたと、京都を訪れるあなたの、心をつなぐバッジ・システムを始められました。
それが…

8.30c.jpg

 『ask me! 京都』



 『help me! 京都』

自分の知らない土地へ行く時、迷っていてもなかなか聞けないことありませんか?
いざ、聞いても無視されたり、違ったことを教えられたりした経験はありませんか?

そこで、『ask me! 京都』バッジを付けている方を見かければ、その地域に関することであれば遠慮なく聞いてください!の目印との想いで作成されました。

生活圏である地元のことであれば、私に任せなさい!
さらに、バッジを付けることでその地域により目を向けるきっかけに。

人と人がつながる町・京都を目指して、このバッジが広がることが山田さんの夢です。

そう!
このアイデアは3月6日の朝に閃いたと。

夢から夢へ。
そして人から人へ。

『ask me! 京都』と『help me! 京都』

まずはバッチを購入下さい!

詳しくは…
http://www.askme-kyoto.jp/

販売場所、室町二条上ル『さかそーね』
http://sacasone.com/









posted by らくらくレポーター at 17:50| らくらく後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月23日

【らく5】ボロボロの練習球を修繕しています!

今週はNPO法人『就労ネットうじ みっくすはあつ』
職業支援員、田中 彬弘さんをお迎えしました。

8.23b.jpg

障害を持った方へ就労を支援しているNPO法人『就労ネットうじ みっくすはあつ』
活動の一つに「エコボール」の取り組みが行われています。

「エコボール」とは高校や大学、野球チームで毎日練習で使われる練習球(硬球)。
練習で使われている間に糸が切れてボロボロになっていきます。

そのボールがその後、どうなるのか?
ご存知ですか?

一昔前は選手やマネージャーが1球1球丁寧に縫い直していました。
しかし、今ではそのまま捨てています。


もったいない!


「みっくすはあつ」では1球50円でボールを修繕を行っています。
ものを大切にする心を育て広げたい想いで取り組んでおられます。
現在、エコボールで交流がある団体は…
東宇治高校、京都翔英高校、東山高校、立命館高校、北野高校、京都成章高校、京都両洋高校、城陽高校、乙訓高校、洛北航行、京都産業大学、京都八幡リトルシニア、京都ブラックス、南京都NSボーイズ。

毎月200球ほどを修繕し送り届けています。

最初の頃、作業される方に心配や不安はなかったのでしょうか。
今、どのような思いで作業されているのでしょうか。

その現場の声。
田中さんを通じて是非、放送をお聴き下さい♪



詳しいお問い合わせは…
NPO法人『就労ネットうじ みっくすはあつ』
電話:0774-23-7920
FAX:0774-39-7124
E-mail:mix_ha-tsu-moeko@kmj.biglobe.ne.jp

エコボールや協賛金に関して気軽にご連絡下さい。






posted by らくらくレポーター at 17:47| らくらく後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月09日

【らく5】集落の集落によるビジネスクリエイター開発セミナーを開催予定!

今週はNPO法人『グリーンライフ丹後』
理事長、由利 進さんにお電話でご出演下さいました。


京丹後市大宮町五十河地域を拠点に「自然と共生・共存」をコンセプトに活動しているNPO法人『グリーンライフ丹後』
京丹後市大宮町五十河地域は丹後大宮駅から北東へ車で15分。
五十河地域は5つの地域からなる人口500人ほど高齢化率41%の集落です。
産業は米作と丹後ちりめん。しかしながら地域から町の中心部へと働かれる方も多いそうです。
周囲には北近畿最大級のブナ林を有する豊かな自然環境と小野小町のゆかりの地で文化的な特性をあわせ持つ地域です。

その豊かな自然環境を活かして究極のエコ体験をキーワードにこの秋、セミナーの開催を予定されています。


『ビジネスクリエイター開発セミナー001 in 五十河
  〜競争のない市場を創りだす「創造力×協働力」養成講座』


9月中旬に1泊2日で定員15人ほどを予定しています。
セミナーでは
◎五十河地域から
 由利 進氏(NPO法人グリーンライフ丹後理事長)
 高橋 茂氏(延利村づくり委員会)
◎京都大学農村計画学研究所から
 星野 敏氏(京都大学農村計画学研究室教授)
 その他、研究室の皆さん
◎NPO法人いのちの里京都村から
 菱川 貞義氏(275研究所所長)

他、多数の方によるチームでセミナーが開催される予定です。
詳しくは放送で由利さんがお話しくださっています。是非、そちらをお聴き下さい♪


問い合わせなどは…
NPO法人『グリーンライフ丹後』
http://greenlife-tango.jimdo.com/






posted by らくらくレポーター at 17:43| らくらく後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月02日

【らく5】もう、まもなく!『第18回京都国際子ども映画祭』

今週は『第18回京都国際子ども映画祭』
スタッフOB、山口 小夏さん(右)と
スタッフリーダー、矢田部 響子さん(左)をお迎えしました。

8. 2b.jpg

今年で18回目を迎える『京都国際子ども映画祭』
8月3日(金曜)から8月5日(日曜)まで京都文化博物館本館3階フィルムシアターにて開催されます。

今年の作品は長編3作品と短編7作品の中からグランプリを選出します。
長編は…
『サンタクロースになった少年』
『TAKING CHANCE(チャンスをつかめ)』
『奇跡(I Wish)』

短編は…
『ジュリアン』
『ウラ声ボーイズ』
『レオニッドの物語 Reonids Story』
『663114』
『ベルリン・リサイクラーズ Berlin Recyclers』
『コリーダ  Corrida』
『野うさぎの道 The Path of Hare』

これらの作品から京都国際子ども映画祭の特徴である公募で選ばれた「子ども審査員」によりグランプリが選ばれます。
今年は中学生1人、小学生4人の5人による選考です。

そしてもう1つの特徴は子どもスタッフによる運営です。
矢田部さんをリーダーにメンバー6人。
高校生1人、中学生1人、小学生4人。
昨年冬から準備が始まり、土日を中心に会議を進め映画祭が近づくここ最近は頻繁に話し合い進めてきたそうです。
もうまもなく!本番がスタートします。



『第18回京都国際子ども映画祭』
期間:8月3日(金曜)から8月5日(日曜)まで
時間:午前10時30分、午後1時30分、午後3時30分から各上映開始
場所:京都文化博物館本館3階フィルムシアター

観覧料金はいずれも3日間フリーパスポート
大人:1,200円 子ども:600円


詳しくは…
NPO『キンダーフィルムフェスト・きょうと』
http://www.kinder-ff-kyoto.com/
電話:075-212-8612






posted by らくらくレポーター at 18:08| らくらく後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。