2011年04月28日

【らく5】岩手県人会と宮城県人会、故郷を想う

【今週のらくらく5は「京都三条ラジオカフェ 東日本大震災支援特別番組」として放送しました】

今週は岩手県人会と宮城県人会の皆さんをお迎えしました。

岩手県人会副会長・佐藤耕吉さん(右)
幹事・阿部 孝さん(左)
4.27d.jpg


宮城県人会会長・小野寺 剛さん(左)
副会長・高橋 守さん(右)
4.27c.jpg


東日本大震災から一ヶ月半が経ちました。
被災地には復旧、復興活動が徐々に進んでいます。
一方で、報道によると避難所生活の長期化や仮設住宅の問題などなど様々山積しています。

岩手県や宮城県出身の方で構成されている県人会。
皆さんは、故郷より長く京都に住んでおられます。

しかしながら、故郷を想う気持ち。

生まれ育った場所への望郷の念は強まるばかりです。


そして、発生した東日本大震災。
岩手県人会、宮城県人会としての故郷へのサポート体制について伺いました。

物資についてはもちろん、被災地へのサポートへは何よりも義捐金。
自分のこととして想う気持ちは今、日本全国から全世界へと伝わっています。

復興へは長い道のりが予想されます。
持続性ある支援を今後とも見守り続けていきましょう!



☆☆番組のお知らせ☆☆

岩手県人会と宮城県人会の皆さんによる故郷へのメッセージ番組が放送されます。

『ふるさとへのメッセージ』

放送日時:5月4日(水曜)午後10時から 京都三条ラジオカフェ79.7MHzにて







posted by らくらくレポーター at 17:43| らくらく後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月21日

【らく5】福島第一原発事故〜海洋汚染・緊急電話インタビュー

【今週のらくらく5は「京都三条ラジオカフェ 東日本大震災支援特別番組」として放送しました】

今週は東北大学地球環境学が専門の川崎 健名誉教授に電話インタビューを行いました。


福島第一原発の事故によって放射性物質に汚染された水が太平洋へと放出されました。
放出量は高濃度汚染水が520トン、低濃度汚染水が合計1万トン強。

これらの汚染水が海へ及ぼす影響について川崎名誉教授の見解を伺いました。

・海へ放出された汚染水の行方
・放射性物質の拡散度合い
・海洋性生物への影響

さらに、

・福島第一原発や原子力発電についての見解



汚染水を放出した事実は事実です。

地球環境に影響与えること、汚染された水をどのように処理するのか。

人類の英知を結集することが今、求められています。



一日も早い収束を切に願っています。






posted by らくらくレポーター at 17:38| らくらく後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月14日

【らく5】福島第一原発事故・緊急電話インタビュー

【今週のらくらく5は「京都三条ラジオカフェ 東日本大震災支援特別番組」として放送しました】

今週は立命館大学放射線防護学が専門の安斎育郎名誉教授に電話インタビューを行いました。

東日本大震災から1ヶ月を超え、未だ福島第一原子力発電所事故の収束見通しが経たない状況です。
経済産業省原子力安全・保安院は12日、INES国際原子力事象評価尺度を「レベル5」から最悪の「レベル7」へと判定を引き上げました。

レベル7への引き上げは時に遅しの印象を受けますが、安斎名誉教授の見解を伺いました。

・レベル7の評価について
・現状は最悪の状態なのか?改善しているのか?
・放射線被害にどのような対策が必要か?
・政府や東京電力が発表する情報に対しての正しい受け止め方


予断を許さない状況が続く福島第一原発事故。
一日も早い安全確保を願いつつ、政府や東電から発表は冷静に判断する必要があります。

正確な情報、正確な知識、正確な行動。

無用な不安を取り除き、被災地や原発の現場で働く方を応援しましょう。
政府や東電の情報の隠避に関しては厳しい目を向けることは忘れずに!


一日も早い春が訪れますように。


posted by らくらくレポーター at 17:42| らくらく後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月07日

【らく5】311支援メッセージプロジェクト

今週は立命館大学、糸永優一郎さん
古川千寛さん
遠野柚香さんです。

4. 7b.jpg

現在、皆さんは『311支援メッセージプロジェクト』を行っています。

東日本大震災被災者の皆さんへ応援メッセージを集め、京都三条ラジオカフェとインターネットで放送します。
さらに、被災地のコミュニティ放送にもお届けします。

ここでボランティアとして活躍されている現在5人のメンバーのうち3人がスタジオに登場です!


応援メッセージの目標は311人!


それぞれ身近な学生から社会人、地元の方へと老若男女問わずプロジェクトが進行しています。

インタービューの中で印象に残ったことや勉強になったこと、自分自身の想いについて学生が感じたまま率直に語ってくれました♪
是非、放送をお聴きください♪


それぞれの東日本大震災に対する想いに是非、ご協力お願いします。






posted by らくらくレポーター at 18:17| らくらく後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。